技術習得ならネイルスクールが一番【質のいい授業が受けられる】

コーディネートで表現する

デザイン

一番の近道は

スタイリストは、テレビや雑誌等のメディア、またはカタログやショー等に出演するモデルやタレントのファッションをコーディネートする仕事です。ファッション好きな人にとって、スタイリストは憧れの仕事の一つにあげられます。しかし、ただファッションが好きというだけではなく、服飾を通じて自らの感性を表現していく仕事とあって、スタイリストには芸術的な要素が求められます。スタイリストになるにあたって、必須となる資格や条件はないとされています。ただし、なんの知識もスキルもない人がいきなりこの職業につくことは実質的には不可能です。そのため、まずは服飾系専門学校で知識やスキルをつけることが一番の近道といえるでしょう。服飾系専門学校では、ファッションの歴史や専門用語、色合わせといった座学と、コーディネート術等の実習を学びます。また、芸術的な感性を深めるカリキュラム等も用意されています。さらに、現場で必要な基本的な洋裁やメイクも専門学校で学べます。なによりも服飾系専門学校に通うメリットは、現在一線で働くトップスタイリストやスタイリスト事務所とツテができることです。専門学校の講師の多くはこのようなトップスタイリストであり、実習を通じて最新のコーディネート術を学べる他、業界の現状を知ることができたり繋がりができたりするのです。また、実習として現場研修が組み込まれており、現場感を培うなどの体験ができる他、スタイリスト事務所の様子を知る機会にもなります。なお現在スタイリスト事務所は、服飾系専門学校の卒業生もしくは卒業見込みの者のみをアシスタントとして採用しているところが多く、こうした観点からもまずは専門学校で学ぶことが肝心といえるでしょう。

Copyright© 2018 技術習得ならネイルスクールが一番【質のいい授業が受けられる】 All Rights Reserved.